50代向けの基礎化粧品特集~老化に負けない肌マジック~

女性

肌に吸収されやすい

レモン

化粧品などに幅広く使われているビタミンc誘導体は、水溶性と油溶性、そしてその2つの性質を併せ持つタイプの3つに分けられます。ビタミンc誘導体はその特徴として、人工的な加工によって組成が非常に安定しており吸収率に優れます。

ビタミンcを確実に肌へ

水

ビタミンc誘導体は、ビタミンcを肌に浸透しやすくしたもので、化粧水の成分として女性のあいだで人気を集めています。その美肌効果は多岐に渡りますが、化粧水によって効果が異なるため、購入するさいは特にどんな効果を期待しているかを見極める必要があります。

肌老化に対抗する成分

中年女性

エイジングケアが更に流行

今後の50代の基礎化粧品とスキンケアでは、「エイジングケア」が大きな注目を集めることになると予測されます。エイジングケアは近年は20代や30代の方にも広がりつつある、肌老化に対処するスキンケアのことです。長くエイジングケアを続けるほど、将来の肌の状態にも影響をしてきます。中でも50代の肌は更年による体調変化も著しいこともあって、毎日のエイジングケアを是非行いたい年代です。50代向けの基礎化粧品には、このエイジングケアを可能としてくれる各種美容成分を配合したものが多数販売されています。保湿成分は美白成分、細胞活性化を促す成長因子などがバランスよく配合されています。これらが配合された基礎化粧品でエイジングケアを行う50代が多くなっており、今後エイジングケアは広く定着すると考えられます。

この年代のシミ対策

若い年代の頃は肌の再生能力も活発なため、シミが仮に出来てもすぐに新しい肌細胞によって置き換えられるため、気になることが少ないはずです。しかし50代となると肌の新陳代謝能力も落ちており、さらに敏感肌や乾燥肌となっている方も多いので、シミに悩む人が非常に多くなります。50代のためのシミ対策としてできる工夫に、基礎化粧品でシミ対策ができるものが選ぶことです。シミには種類が複数あり、老人性色素斑や脂漏性角化症、肝斑といったものがあります。この中で特に50代の女性が悩まされがちなシミが肝斑です。肝斑は目の下に左右対称で現れやすいシミで、女性ホルモンの減少が原因とも言われています。肝斑をはじめ、50代の女性向けの基礎化粧品にはシミ対策が可能な、美白成分や細胞成長因子が配合されたものがあるので、それらを用いる工夫も有効です。

低刺激な洗顔料のすすめ

石鹸

肌トラブルを起こしにくい洗顔料が洗顔石鹸です。合成界面活性剤が含まれていませんから、不要な汚れのみを取り除けます。また、正しい洗顔を行ってこそ健やかな肌になれますから、基本を見直して泡立てやすすぎなどに注意しましょう。