50代向けの基礎化粧品特集~老化に負けない肌マジック~

案内

ビタミンcを確実に肌へ

水

本来は浸透しにくい成分

抗酸化作用や美肌効果があるとされるビタミンc誘導体ですが、純粋なビタミンcとの違いは、ビタミンcを肌に浸透しやすくするための成分を加えているかどうか、ということになります。ビタミンcはもともと壊れやすいうえに、摂取してもその多くがそのまま排出されてしまいます。肌への浸透も、ビタミンcのままではほとんど見込めないものですが、ビタミンc誘導体によって、それを可能とする化粧水が生み出されることになりました。基本的には洗顔の後にビタミンc誘導体の化粧水を使い、その後通常のスキンケアに移行するのが理想的です。また、気になる部分をコットンパックすることで、肌の水分と油分のバランスが整えられ、引き締まった肌に改善されていきます。

じつは多岐に渡るその効果

それまでニキビ対策くらいのものだと思われていたビタミンcですが、より体内に吸収しやすいビタミンc誘導体となることで、じつはさまざまな美肌効果があることがわかっており、アンチエイジングに興味を寄せる女性たちに注目されています。その効果は、メラニン色素の生成の抑制や、しわやたるみを目立たなくするコラーゲン生成の促進、肌の老化を食い止める抗酸化作用、血行促進による肌ーのターンオーバーの改善のほか、毛穴を引き締めて目立たなくする効果もあるとされています。ただし、化粧水の成分として使われるビタミンc誘導体には、水溶性や脂溶性、さらにはそれ以外の新型などの種類があり、他の配合成分によっても効果が異なってくるため、化粧水を選ぶさいは、どんな効果を必要としているのかを知る必要があります。